So-net無料ブログ作成
散歩道の景色 ブログトップ
前の10件 | -

皇居東御苑でお花見 [散歩道の景色]

2019年04月07日(日曜日)
2019_04_07_08.JPG

 よく晴れた四月最初の日曜日、竹橋の東京国立近代美術館に出掛け序でに、折角桜が満開の時期なのだからと、お堀を挟んですぐ向かいの皇居東御苑にてお花見して来ました[わーい(嬉しい顔)]


続きも読む?


タグ: 花・公園

共通テーマ:日記・雑感

梅_2013 [散歩道の景色]

2013年02月25日(月曜日)
2013_うめ02.jpg

 よく晴れた月曜日のお昼時、所用が有っての外出は自宅のすぐ近くまで。用も済ませ、さてと、食事にしようか。とは云え、僕は1人で飲食店に入るのがどうにも苦手。外食するよりは、一旦家へ戻ろうと考えた。それでも、今一つおなかも空いていないんだよね。ならば、どうせ休憩の1時間だもの、好きに使わせて貰おうと、梅の花を見に行くことにした。今の僕は去年の11月以来、土曜日が全く休めなくなってしまったから、例えば日曜日に雨に降られてしまったら、花の写真なんて撮りに行けないわけで、こんなにも青い空を見ていたら、何となく、ついついお昼ご飯よりも梅を見たくなってしまったんだ(^^ゞ。

続きも読む?


タグ: 花・公園

共通テーマ:blog

三菱一号館広場にて [散歩道の景色]

2012年05月26日(土曜日)
三菱一号館広場_バラ01.jpg

 『KATAGAMI STYLE~世界が恋した日本のデザイン展』と題された展覧会を観にやって来た丸の内の三菱一号館は、ちょうどバラの花が春の見頃を迎えた時期だった。


続きも読む?



共通テーマ:日記・雑感

11月の花(2010年) [散歩道の景色]

2010年11月13日(土曜日)
2010_11_13_桜の葉.jpg

 早11月も半ばを過ぎて、花はこれから段々と少なくなってゆく時期ですが、この時期ならではの「色」に出会える季節でもあります。秋色に染まった、紅葉を探しに、公園を散歩してきました。


続きは写真しかないけど、見る?


タグ:花・公園

共通テーマ:blog

東京国立博物館の庭園公開 [散歩道の景色]

2010年11月07日(日曜)
101107_4024.jpg

 気持ち良く晴れ渡った秋空の日曜日、毎年この時期ににしか公開されない国立博物館の庭園公開を訪れてみた。普段は博物館の回廊からガラス越しに眺めるだけだったこの庭を、実際に歩くことが出来ると知ったのは今から丁度1年前の事。どんなところなんだろう?、この季節、写真を撮りたくなるような花はあるのかな?って、ずっと楽しみにしていたんだ。


続きも読む?



共通テーマ:blog

突然に、鎌倉・鶴岡八幡宮 [散歩道の景色]

2010年11月12日(金曜)
Hachiman_4162.jpg

 僕の意思や希望とはまるで関係なく、平日の午後に鎌倉の鶴岡八幡宮http://www.hachimangu.or.jp/index2.html)へと出向くことになった。この週末の土日は鎌倉でもAPEC関連の行事が何やら開催されるそうで、そのお陰で近辺への自動車の乗り入れが一切出来なくなってしまうのだと聞かされ、仕方なく、この日突然に。


続きも読む?


タグ:鎌倉

共通テーマ:日記・雑感

10月の花 (2010年) [散歩道の景色]

10-10-16_top.jpg

 “TIME CAN'T WAIT”
 時間は、人の歩みなんか知ったことじゃない。
 誰に何が起きようと、どんな気持ちでいようとも、淡々と時は刻まれ、僕の「今」は、無情にも即時に過去のものとなる。

続きも読む?


タグ:花・公園
トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の日の午後 [散歩道の景色]

夏の日の午後_01.jpg

 8月も月末に差し掛かった或る日の午後、トレッサ横浜へ出掛けた序でに、すぐ近くの横浜市農村生活館・みその公園(横溝屋敷)(→ http://www.yokomizoyashiki.net/ )にも立ち寄った。


続きも読む?



共通テーマ:日記・雑感

7月の花 (2010年) [散歩道の景色]

2010年07月11日(日曜)
2010_07_11_ハス.JPG

 この日は参議院選挙の投票日。投票序での帰り道に、7月の花を見ておこうとカメラを持って家を出た。立ち寄った先は、いつもの公園。蓮の花が、まるで桃の実みたいでしょ?(^^。


続きも花しかないけど、見る?


タグ:花・公園
トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

谷中散歩#2~(有元利夫の生まれ育った町を行く) [散歩道の景色]

7つの絵.jpg

 千代田区三番町の彌生画廊・小川美術館で2月に開催された展覧会で、ようやく念願叶ってその作品を実際にこの目にする事が出来た早世のフレスコ画家・有元利夫(1946~85)。現代日本人画家の中で、今一番に僕が気になっている画家です。その有元さんの画業を回顧する展覧会、「没後25年 有元利夫展 天空の音楽」http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/arimoto/index.html)がいよいよ今日、7月3日より、東京都庭園美術館で開催されるのです。
 これをずっと楽しみにしていた僕は、観に行く前に1つ、書きかけのままだった記事を仕上げてから、展覧会に出掛ける事にしたいと考えました。と云うことで今回は、今更乍ら(^^;3月7日の日記の続きを。

参照過去記事 → http://ilsale-diary.blog.so-net.ne.jp/2010-03-08

彌生画廊サイト / 有元利夫のページ → http://www.yayoigallery.com/arimoto/arimoto-index.html

続きも読む?


タグ:有元利夫
nice!(16)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 散歩道の景色 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。